包茎治療を考えた理由

包茎が原因で起こる性病で症状の多いものに、尿道炎・尖圭(せんけい)コンジローマがあげられます。

尖圭コンジローマは亀頭周辺部にブツブツみたいなものができはじめ、痛み・かゆみなどがほとんど生じないため自覚しにくい性病です。放っておくとどんどん増え、カリフラワー状になりますので、気づかれたら早めの処置をお勧めします。

SEXに自信が持てない。
早漏気味。
勃起時に痛みがあり挿入できない。(真性・カントン包茎)
見た目が気になる。
温泉、サウナ、ゴルフなど人前で堂々とできない。
入院や老後の介護に備えて。
衛生面で気になる。
亀頭にブツブツができた。
カスのようなものがたまり悪臭がする。
毛を巻き込んで痛い。
パートナーの事を考えて。
加齢や肥満のため皮が被ってきた。

『包茎』とは非勃起時(通常時)亀頭部に包皮が覆われている状態を言います。包茎は病気ではありません、必ずしも治さなければならないわけではありません。しかし『見た目・機能面・衛生面』においてマイナスになることが多く、悩んでいる男性は少なくありません。包茎の種類によっては勃起すると痛くなる場合もあるため、SEXに消極的になるなどのデメリットがあります。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法