包茎の種類をチェック、特徴と効果

包茎には種類があります。また、種類によっては病院に通わずサプリで治した事例もありますので、 まずはあなたの悩みの元をじっくりと観察しましょう。

仮性包茎

平常時は亀頭が包皮で覆われていますが、勃起したり手でむいたりすることで簡単に亀頭が露出できる状態が「仮性包茎」です。日本人に一番多いタイプで、男性の約6割は仮性包茎とも言われています。

仮性包茎は、包皮が多く余っているだけで機能的な問題はなく、病的なものでもありません。しかし常に亀頭が包皮で覆われているので、内側に汚れが溜まりやすく不衛生になりがちです。そのため臭いが生じたり、炎症を起こすこともあります。

見た目を気にして手術を希望される方が多いですが、清潔のためにも余分な包皮を除去するのがおすすめです。

包茎の種類をチェック、特徴と効果

カントン包茎

カントン包茎は皮を無理に剥くと元に戻らず、皮が亀頭を締めつけた状態になっています。 包皮自体に締付け感があり、くびれができるのが特徴で、包皮のくびれにより勃起すると締付けられる痛みがあります。 また通常時でも無理に剥くと皮が元に戻らなかったり、亀頭からすぐ下の包皮が水ぶくれのように腫れて、強い痛みをともなう場合もあります。 カントン包茎は治療しないと治りません。すぐに治療することをおすすめします。

真性包茎

真性包茎は通常時はもちろん勃起時でもまったく剥けず、亀頭が露出できない状態の包茎です。 そのまま放置しておくと包皮炎や亀頭炎を引き起こしてしまい、包皮と亀頭の癒着、排尿時や勃起に傷害が起こる場合もあります。 正常なセックスは不可能で、もちろん不衛生、不健康なペニスとなります。 とりわけ真性包茎は亀頭の成長も妨げられ、先細りのペニスになりがちです。早急の包茎手術が必要となります。 まずはメンズクリニックの無料相談などを、活用しましょう。

包茎の特徴と効果

包茎手術以外での包茎を治療することは、器具などを利用して治すなどがありますが、 全く違う考え方で治す方法があります。この包茎を治す方法とは、ペニス自体を増大させてしまうという作戦です。 これなら手術を受ける受けないの悩みとは全く違う考え方なので切り取るという部分が心配だなという方にはオススメです。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法