男性はよくオナニーはどんな危害?

理論上に、男性オナニーは1種の気分の釈放で、ただ適度で正常です。ただ恐れていてどうしても癖に上がって、過度でオナニーして、でなければ身体に同様にたくさん危害をもたらすことができる。

過度でオナニーしてこの種の行為はともにいけないことでない、ただ頻繁に過度でオナニーする容易な誘導前前立腺炎は、小便をする道は感染して、気持はしょげていて、性欲は低くて、影響作業と勉強、厳しい情況出生と養育に影響することさえ。

また、長期は頻繁にオナニーして常に厳しい精神負荷を引き起こすことができて、射精するので頻繁で、精液を引き起こして品質的に下がって、性欲は減退して、あるは射精刺激域のため高く上がって、正常な性生活にいるときに射精することができない結果になって、全部おそらく出生と養育に影響します。

医学理論は考えて、オナニーして部屋と労して過度で、全て腎臓虚弱を引き起こして減って、腎臓は精通していて手薄で、腎臓の液が枯渇している原発病はよって、男子夢精、遺精、陽痿、早漏あるいは射精困難が現われることに結果になって、および腰の酸っぱい脚は柔らかくて、耳鳴った抜け毛などの性機能は衰退して症状;女子オナニーし発生外陰炎、腟炎、膀胱炎は、甚だしきに至ってはセクシーで不足はあるいは性欲は冷淡で、重さ者はまだ骨盤を引き起こすことができて鬱血してそれで腰が痛くて、あるいは神経衰弱と精神病を引き起こす。

そのうえ、長期オナニーはまだ骨と骨格に細小だけ変わらせることができて、全身の骨は全て相違程度の奇形があることがあり得ます。だから存在した青少年時期は特に過度でオナニーすることができないことに注意しなければいけないです。

それから多くの男性はゆえに、よくオナニーして、これによって陽痿、早漏、腰の酸っぱい無力な症状が現われて、これは全て前立腺ととても大きく関係あってそれで、前立腺炎を引き起こす原因はどれだけすぐゆえに、よくオナニーします。

遺伝するので生活条件と異なっていて、個人体質と性機能はある程度差異は、相違は段階で、オナニーした影響は同様に同様でなく:青少年の時のようにオナニーして、性的腺作業に正常でなくならせて、正常に発育することに不利です;男子は婚前のためオナニーして過多で、腎臓は全身衰弱に精通して、腎臓の水は枯渇していて、陽気は衰微して、性欲ピークは早退して、これによって夫妻感情に影響して、甚だしきに至ってはもたらした家庭は破裂する。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法