男性オーガズムが射精のテクニック

男性にしっかり自分の自由にならなくて、同様に女性が現在性愛オーガズムの時に入って、女性の満足したものから意義的に言って、日常のこの種の“享受”は今日の女性に不満だと感じさせることができます。

女性は全て完全な性を享楽して満足することを願って、ただ多くの女性は没到達性オーガズムにいるときに焦ると感じて不安にできます。対処性の態度に、これはもちろん現在が性のため全てクールな形式上の信用状の明を擁することができると言って、そのため性的問題は現在現在新しい情況に直面する。夫と愛している時は性的オーガズムに達しなかったように、妻は思想にすぐ冷淡に変態した陰影と活き出すことにだますことができます。もしかしたら彼女は男性を責めることができて、ただ夫のように、セックスパートナーは加護のある加わることを愛することを閉じて、彼女はすぐただ自責した。彼女は焦慮するほど、すぐあまり性的オーガズムに達しないだろう。

でも、女性のために、男性の射精がともに女性の性的オーガズムと正比例していたことでないと言って、あるいはあるいは苦しんでもう射精するときに到達性オーガズムは、ちょうど女性到達性オーガズムの時で、やっとこのような予約快感の実現を完成して、いうもの同時到達性オーガズムは、すぐ女性ものを含めて極度の性交は愉快でうめいてあるいは食切り中男性の射精動作の完成を裂く。

あと、よく夫妻と恋人に直接的にセックスして、男性たちの不安と気持ちは違って、男性と自分法律許可した妻に愛して、この種心理はともに妨げなくて、でも心持道理の嫌悪ができて、男性とするためあり話すことができて、彼らの愛情はそれによって感情は主のために、性愛を計算する必要がない。でも、もし本当にそのような人々はすぐ話すことができなければ承認性の愉悦の人は、やっとであり本当に偽りは、多くの皮膚の親上があることがあり得て、そのうえ女性は愛撫の後に達していて、男性をさらに計算しなく挿入した動作があることでありますか、実はこの種の観点はいつも少し自己欺瞞です。

本当の両性の愉悦とオーガズムの到達のため、いなかった男性は女性もの肉体の進入方式に対して、これは達し難い。当然で婚姻を維持するため、男性はその他の方式を使って女性に愉悦のセクシーに達させて来て受けて、これらの方法は全て実行することができます。

実は、男性の射精に対して男性の性的オーガズムの評価と同様であることで、男性のこの種は性愛の要求と女性に対して性愛過程中の人体愛撫した必要に対して同様です、ともにどんな優劣のなかった分。でも、男性として彼は自分の性的オーガズムは射精にただ帰結させて、そのようにして話は、男性に自分純粋さを感じさせることができてただ1種の性交した産物は、情感のからかいの本当に求めることに対して備えない。どのようにか自分で全部が全部速くなく射精し性愛の時間を延長することを使って、これは女性の要求であるばかりでなく、性生活参与の男性共同の希望に所有です。

これもはちょうどようにアメリカ学者の法のこれはすごく話したそんな――男性は射精した性欲オーガズムを獲得することに過度に専心して、実際上にもう性欲愉快の要点を失って、即ち欲生活の楽しい欲望の情感を延ばして、使ったこれ蓄積的に増強に。性的な関係のものは本当に満足して、欲望の延長であり増強と、それを終らせることでなくて行、あるいは出来るだけ急速に欲望中に解放し出すことから。

中国とインドで養生は観念中に男性に対してどのようにか射精した時間を延長することはありずいぶんこだわります。中国古昔にある医学養生者あちらの男性陽精に対した認識は、非常に見て気に入ってそれで、このように並べなければいけないことは減少しなければいけなく女子と交わった回数を接ぐというわけではなくて、多く女子と交わることを接ぐことができることと考えて、男性の長寿に対して有利です。唐もの代の孫は思って遥かであるとても出鱈目で考えることさえ、“ただ12の女を御することができてそれでふたたび瀉者を施さなくて、人に老いていないようにして、色香があって、般若は93の女を御してもとより者は、年は万歳だ。”

でも、もし男性に存在させて反復的に挿入的に当たってそれで射精しなければ、実は男性について同様に必ずしもすぐ良いことであるとは限らないと言って、現在の1種は男性もの鉢の腔症候群の疾病と呼ばれるので、実は男性ものと日常の生殖器は充血して洩は関連してでない。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法