包茎手術後はどのようにペニスを洗いますか?

みんなは全てはっきり包茎に関連して男性の健康にとても大きい影響があって、さらにまつわり乱れていの患者もの正常な夫妻生活は、もし長期は正規の有効な治療に得るところがなかったら、まだおそらく他の併発症を誘発して、そんなに包茎手術後はどのように看護する?

現在の多くの男性は全て次から次へと病院まで包茎手術をして、でも多くの患者は全て包茎手術後がどのように看護するべしとわからないですか?

1、包茎手術後はちょっと何時かに注意しなければいけないです

1、飲食方面は出来るだけ淡泊な食べ物を食べて、少し辛辣を被る、刺激性が強い食べ物。

2は、茎技後を包んで一般に抗生物質を除いて、まだ勃起と痛み止めの薬物を防止することを服用することが当然で、1回一般に3日後に薬を交換して、3日くらいを過ぎて正常に一般的な無を運動して大いに妨げた。

3、包茎手術後の現れのペニスは気分の悪いこの正常な現象に属して、手術を仕上げたばかりで避けることができなく少し適応することができません。だから、包茎技後はなによりも休む1-2の天は、床について休むことができて、またインターネットを使ってあるいは本などを見て、出来るだけ少し歩いて、技後に出血を運動することを防ぐことによって。

4、技後に出来るだけ少し色情、猥褻な雑誌とあるいは接触したいと思って、ネットワーク画像と動画は、出来るだけペニス勃起を避けて引き起こす傷口は破裂する。

5の、清潔なペニス:手術前の3日から、毎日水あるいは過マンガン酸カリウム溶液を温めることを使ってペニスを洗うことを浸さなければいけないです。包装を覆すことが要ることを洗うことにいるときに、心房室溝を暴露して、飽くまでも包装の垢を徹底的に取り除きます。ただ注意必要で、完了を洗ってすぐに包装をリセットすることに応えて、ペニス増大を引き起こしてちょっと止まることを嵌めなくてすみます。

2、包茎手術後を包むことはどのくらいかかることを回復しますか?

1、技は期間男性を回復してなによりも少し色の心が動いて、出来るだけコンタクトと性的関連したものを避けて、ペニスは痛く勃起することが発生しなくてすみます。

2、包茎手術はなによりも床について1、2日休んで、避けて長時間立って、長居しなければいけないです。少しの若い人たちの技後は格好が悪く休みを取って、仕事を依然として堅持して、局部血行によって暢は、直接ペニスの頭の腫れた大きさを引き起こして、傷口癒合に影響する。

3、包茎手術後は維持会陰部清潔、技後側部分患者包装が局所的に不快感が感じがあることがあり得て、掻くことをつかむことを禁止することが当然で、用便後に全部清潔さを拭くことが当然なために必要で、防止することは局所的に汚します。

4、傷口の腫れのように出血を痛めて、血止めへ加圧させることに局所的に冷湿布することができて、般若が出血する厳しい時は、すると庭へすぐに帰って診察を受けることが当然だ。

5、男性友人は包装後を切り終わって、避けて長時間立つべきで、長居することはあるいは歩く。もし不動の娯楽は暇潰し長居すれば、誘導会陰部の血ができて運ばない暢は、手術の切り口は腫れて重くなって、傷口癒合に影響する。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法