包茎手術後は食事と寝姿に注意

正常な男性は思春期の発育の後、亀頭の全部またはほとんどできなければ亀頭が露出し、露出、包茎は包む全部またはほとんど亀頭が、手に翻包茎や勃起後包茎に翻を現すことができる亀頭と称し包茎は長すぎる。

包茎手術後の水腫は比較的によくある症状、術の後までさんよんしよ日以内に陰莖の頭は軽度のむくみは正常現象が、個人差があります、むくみ原因は包茎環切り術の後で止める所、包茎の血液循環の比較的に豊かにして、術の後で皮膚の血管がリンパ管切断され、新しい還流通路をため、リフローはよくなくて、しばらくの時間が必要。だから術後局所の出現の水腫、一般的に2~3周可復元、ヶ月以上にわたるさんが、いずれもなくパニックを起こすなど、新の循環を形成した後の自然は腫れていて。
包茎手術後は食事と寝姿に注意
また、スパイシー刺激の飲食を避けて。飲酒を禁じて。一ヶ月禁忌生活。夜間の寝姿を採用することができ平卧位や側位避け圧迫生殖器で。夜中に勃起したら起きて、起きて小便ができるといいです。もし水腫持続時間は長い病院まで検査を防ぐため、二次感染も、を通じて治療有効消え水腫状況。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法