包皮の長さはどうするのか?

包皮の長さは非常に一般的な男性生殖器の奇形、多くの男性が長すぎる包皮の現象は、みんなの最も関心を持ったのが長すぎる包皮影響做愛ですか?次はちょっと理解しておく。

包皮長はセックスに影響しますか?

1、包皮長は性生活の影響に対して

1、性交が痛みを引き起こす

包皮の皮脂腺が分泌される1種の異臭の白色の分泌物として、吐き出して、長期に蓄積になる包皮、使い易い菌によると、陰莖の頭包皮の炎症、発生のかゆい。場合は、時間を引き起こすことができることをクリア包皮を除いて、性交痛、包皮と亀頭癒着のほか、妨害夫妻性生活。

2、早漏を引き起こす

普段は亀頭粘膜隠し包皮の下、亀頭粘膜が受けている摩擦、刺激が少ないで、亀頭粘膜の神経敏感すぎる。「男女性交時、勃起露出後亀頭が亀頭と腟を摩擦、刺激になるので亀頭粘膜神経敏感すぎるをトリガ射精の早。

包皮が長すぎる

1、2形固定法を採用

毎日にひっくり返って包皮、亀頭ほとんど露出し、そしてテープで固定包皮縦形皮膚、亀頭が半ずっと暴露状態。2~3月の包皮を1回、2~3月の包皮包皮として、多数の亀頭亀頭が出てきて。本法にテープ皮膚アレルギー者。ペニス強化サプリを通販

2、スキニーパンツ固定法を採用

カスタム適当なガードル、適当部位制穴穴ながら制作し、二本の弾性包帯、総柄の両端で釘を掛け、包皮の固定に翻状態にされ、弾性包帯の約束。毎晩寝る前に使う。

3、簡易なペニスと固定法を採用

よんしよ綿棒で根、コートのシリコンチューブに根ごとに並んで接続、両端にはゴム輪につながっている、即ち、ペニスを挟んで。包皮を転がり後、ペニスを挟んで、陰莖の根元を固定し、包皮を保って転がり状態で、注意を挟んでペニスを挟んできつくさせないで転がりの包皮の復元宜。毎晩寝る前に。

4、は常に包皮法

毎日、排尿時、手で軽くてゆっくりは包皮にように二、三回、亀頭発覚後しばらく続けて、それから手を離して。この数ヶ月を堅持し、亀頭が十分に暴露で発育が速い、体の発育成長、エッジの突起は、包皮に復元されました。

5、包皮切断手術を採用

もし矯正を無効にし、直ちに包皮手術は、環切除手術はとても簡単で、局所麻酔後10分で仕上げて手術、一般病院外科クリニックで施行なく入院。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法