真性包茎仮性包茎の違い

包茎の2つの場合には、一つは仮性包茎で、1種は真性包茎、仮性包茎、勃起時だけ手を引くのが必要として、露出亀頭、甚だしきに至っては勃起時では自動的に包囲を突破する。しかし、真性包茎は同じではない、役に立たない手はどうし、亀頭が出ない、もちろん手術が必要だった。出世できないから、亀頭に影響を与える快感を生み、まして包皮内易溜まっ汚れ、細菌に感染が非常に不衛生。

もし、勃起からはがし包皮の痛み、または行房時に不快感や痛み、手術をしなければならない。多数は先天性としては先天性が多い。一部は包皮長の基礎として繰り返し感染し、癒着ができない部分があります。

は、包皮よりも体の被害が大きいとされている。いくつか深刻なもの、包皮、包皮、排尿、排尿の包皮の包皮のような球、排尿。と還、尿道口の狭窄、排尿時膀胱括約筋収縮。膀胱内圧力を克服する尿道抵抗の前または同時に、膀胱にも超えた毛氏鞘にする圧力に、尿尿管に沿って逆流、尿管、腎盂拡張ように、尿路の細菌感染、瘢痕形成によって、連続性が逆流性腎臓病腎機能障害も損。

は、唯一の治療方法としては、包皮リング手術、早期に手術を行うには。初生男の子行包皮切除術最高、成人後もう一度手術は、完全に避けられないペニスの癌の発生。しかし、早期病変については、慢性的な包皮亀頭の亀頭亀頭と根治し、簡単に効果的な措置をしている。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法