いびきはインポテンツを招く可能性がある

ロンドンのリストデイン医師と同僚の共同研究から、鼾(いびき)は男性への影響が存在するということが指摘されました。即ち、睡眠中の鼾により男性ホルモンテストステロンの分泌量が降下し、それで、ED(インポテンツ)を招くようになるということが実証されたのです。

インポテンツ(勃起障害)が心臓発作(心筋梗塞)や脳卒中、その他の心血管疾患の発症を警告する主要な徴候であることを示す研究結果が、米医学誌「JAMA」12月21日号に掲載された。

なぜなら、鼾とは睡眠中に呼吸が一時的に止まることで、これより口腔と鼻腔への空気量が少なくなり、テストステロンの分泌量も吸入されるの酸素量の減少につれ、少なくなるようになるということです。

同時に、鼾により呼吸が一時に止まるせいで、太ること、及び心臓病、脳卒中など病気を引き起こすなどの危険もあります。ですから、決して睡眠中の鼾をおろそかにしていけないのです。もしこのような症状が出てきたら、一生の恨みにならないように、さっそくに医師に見ってもらうのほうがよいでしょう。

本文の原始アドレスFROM : 包茎手術で早漏の治療方法